LET ME IN
マイペースダイバーのログと水中写真です。
2015年5月7日 パラオ(後半:龍馬号)
さてさて、GWパラオツアー後半戦の2日目。
まだ5月なのに、台風6号に続き、なんと7号発生との情報が入ってきました。これは今回ペリリュー無理ですね。
しかし、気象を操る超自然力をもつ長野さんが帰国すると同時に台風が二つも発生するとは、さすが。。。

今回はもともとペリリュークルーズというプランだったこともあり、乗り合わせたゲストは全員ワイド派の方々。そんなゲストをなんとか飽きさせないように工夫しなくてはいけないクルーズディレクターのStarは大変ですね。今日のポイント選定も限られた選択肢のなかで苦労が感じられるアレンジでした。

1本目:German Channel(Wide)
2本目:Big Drop Off(Macro)
3本目:German Drop(Macro)
4本目:Ngerchong Outside(Wide)

一方で私達としてはワイドでもマクロでも、潜ってのんびり写真さえ撮らせてもらえればどこのポイントでも幸せというタイプなので、実のところ海況もあまり関係なし。今日も元気に6時出発の早朝ジャーマンからスタート。
しかし台風の影響か、昨日にも増して波高いなぁ、がんばろ~!!

DSC_1437.jpg
まず迎えてくれたのは、大きなグルクンの群れ。
捕食者の姿は見えなかったけど、何かに追われていたのでしょうね、音がするくらい一斉に向きをかえるところは壮観の一言!!
ベテランワイド系ガイドのStarが第六感だか七感だかを使って魚群を探し当てる様子は、見ていて面白いです。私達には判らない何かを感じ取って、コースを決めているのでしょうね。。。

DSC_1480.jpg
皆さん期待のマンタは出なかったけど、パラオの海はそこかしこにいろんな群れが行ったり来たりしているので、被写体には事欠きません。これはホウセキキントキさんの群れ。

DSC_1485.jpg
いったん龍馬に戻って朝食とともにレンズを交換し、2本目はマクロセッティングで出撃。
昨日の3本目と同様、マナちゃんにアテンドしてもらってセルフの50分1本勝負システムです。
キャンディーちゃんの玉ボケメルヘン~
この撮り方はD300でも何度かやったことがありますが、D810の方が玉ボケが綺麗に出ると思います。

DSC_1523.jpg
ナミスズメちゃん~。。。でいいのかな?実はこの辺りのスズメダイ同定にあまり自信なし。
そういえば前回のブログに上げた子も本当にヤマブキでいいのだろうか???
適当に思い込みで書いちゃったけど、今になって不安になってきたよ。。。

DSC_1578.jpg
3本目は珍しくガレ場サンゴのスロープポイント。
昨日からドロップオフばかり潜っていたので、なんだか新鮮です。
ヒレナガ君の可愛いところをゲット~

DSC_1606.jpg
近くに1cmくらいの極小ヒレナガちゃんも居ました。
なんだかタイガースカラーの米粒みたいで可愛かったです。。。

DSC_1620.jpg
4本目は再びワイドに切り替え、海況悪い時の避難ポイントと言われているゲロン・アウトサイドへ。
ちょっと深めのコース取りで流していくと登場したオオメカマスさんの群れ~
こういうワイド系ガイドの嗅覚って、ホント不思議。。。

DSC_1624.jpg
今回ペリリューに行けなかったかわり、というわけでもないのでしょうが、イレズミフエダイの群れにも出会いました。
このポイントでイレズミフエダイさんは、けっこう珍しいのだそうです。

龍馬号に戻り、楽しみにしていたトップデッキのジャグジーに入って温まりました。
昨日はぬるすぎてあまり快適とは言えない湯加減でしたが、今日はノリコさんがしっかりスタッフを指導してくれて完璧そのもの!!
なぜか他のゲストの方々はあまりジャグジーに興味がないみたいで、私達でジャグジーを独占。一日ダイビングを楽しんだ後、涼しい夕方にサンセットを眺めながら入るジャグジーは、本当にこの世の極楽でした。
(バディは外国人だけど)、これぞ日本人の幸せだなぁ~

では、龍馬号クルーのご紹介。

DSC_2097.jpg
これがノリコさん。
一見怖そうですが、話をしてみるとすごく暖かくて、カッコ良くて、私達二人とも一瞬で彼女に魅了されました。
龍馬号のメインシェフという立場なのだそうですが、実のところ龍馬号を陰で支配しているのはノリコさんではないかと思われます(笑)
料理の腕前はもちろん完璧ですが、料理以外のことでも、ノリコさんが指示したことはローカルのスタッフにも必ずビシッと通ります。
その権威は大したもので、最初にお会いした時、絶対この人はデイ・ドリームのオーナー夫人か何か、すごく偉い人に違いない、と思ったものでした(笑)

DSC_2101.jpg
こちらは龍馬号の華、Glenda。
頼んだことは真面目にしっかりやってくれますが、特にやることがない時はいつもローカルスタッフと冗談を言ってはケラケラ笑っています。性格が良くてすごく可愛い女の子。

DSC_2103.jpg
普段はデイ・ドリームコロール店勤務ですが、たまたまサイドマウント講習のために今回乗り合わせた加藤さん。
テック班のチーフということで、バリバリのスキル派インストラクターかと思いきや、実は以前は柏島でガイドをやられていたそうで、マクロにも詳しいです。

DSC_2108.jpg
今回のクルーズディレクターのStarとアシスタントスタッフのマナちゃん。
Starはこの体格から生粋のパラワンかと思ったら、実はグァム出身のアメリカ人なのだそうです。
マナちゃんはまだスタッフとして働き始めて半年とのこと、私達二人のために水中でアテンドしてくれたり、ミルキーウェイに連れて行ってくれたり、いろいろお世話になりました。これからも頑張ってね~

DSC_2112.jpg
最後はテンダーボートオペレータのStacy。
龍馬号のダイビングは基本すべてドリフトなので、この方が安全管理のキーを握ります。
今回もまったく危なげないオペレーションで、私達のダイビングをサポートしてくれました。
有難うございました!!


スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidediver.blog.fc2.com/tb.php/143-85a01bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hide diver

Author:hide diver
訪問ありがとうございます。
マイペースダイバーhideのダイビングログと水中写真です。

ブログタイトルの"LET ME IN"はある映画のタイトルからとりましたが、内容とは関係ありません。
「魚の世界に入ってもいいですか?」という気持ちにぴったりのフレーズだったので。

撮影機材は、
NIKON/NEXUS D810,D300
INON D-2000
RGBLUE SYSTEM01
FIX LED48DX
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
TOKINA AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO HSM

課題はいっぱいですが、このブログで水中写真の楽しさが少しだけでも伝わればいいなと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR