LET ME IN
マイペースダイバーのログと水中写真です。
2016年2月8日 セブ島
上海に転居してから初めての春節休暇、半年ぶりのセブ島マクタンはアクエリアス・ダイバーズに出掛けてきました。
旧暦の大晦日にあたる2月7日の朝、いつもとはうってかわって道路ガラガラの上海の街を抜けて浦東国際空港へ。いつもは自宅から90分くらいかかる道のりですが、今日は45分で着いちゃいました。フォト派のダイバーにとって、海外ダイビングは常に巨大荷物との戦いですが、中国はタクシーが安上がりなので空港アクセスは楽ですね。今日の上海は空気もきれいで、いつもこうならいいのにな。

今回はチケット手配が出遅れてエコノミーがとれず、比較的割安感のあったビジネスクラスでマニラ経由の旅になりました。しかしフィリピン航空のビジネスクラスあまり大したことないなぁ。上海の空港ラウンジはプライオリティパスで利用しているのと同じとこだし、機内はエコノミークラスが少し大きくなった感じのシート、フットレストやスリッパさえないぞ。。。
でもさすがに食事はおいしくて、シャンパン、ワインもなかなかのお味でした。

あいかわらず判りにくいマニラ空港での乗り継ぎを経て1.5hr遅れで21時にセブ到着。今回のお宿コスタベラまでメーター制の白いタクシーに乗ったのですが、ホテルに着いたところでメーターがないとか訳の判らないことを言われ、200ペソを請求されました。

実のところ前回セブに来た時、タクシーがいくらだったかまったく覚えていないので相場がわからない。でも途中からメーターがないとか言い出す運転手が最初からまともな値段を言うわけない、という経験則に基づき強引に150ペソに値切り倒してしまいました。なんてったって目的地に着いてしまえばこちらが圧倒的有利。。。
でも、後から聞いたら200ペソはかなり妥当な線だったようです。運転手さん、すまない。。。今度からはどうか普通にメーターで走ってくれ。。。

ホテルにチェックインしてスマホをWiFiに繋いだら拓ちゃんからメッセージが入っていて、明日は浮遊系ナイト行きますけど、よかったらどうぞ、とのお誘い。浮遊系かあ、あまりやったことないけど新しい世界ひらけるかも、とりあえず60mmを明日の手荷物に放り込み、カメラを組み立ててこの日は就寝。。。

翌朝は同じホテルに泊まっていた山口県のショップLove&Blueさんのご一行と共にオンパさんの舎弟(?)が運転するジプニーに乗り込んで出発。
今日はこの時期には珍しく海況が穏やかなのでエンガニョ方面へ。さっそく深場行きますかぁ、50%タンク準備してありますけど~
と拓ちゃんに聞かれたけど、1本目はちょっと慎重になり、まずは普通のダイビングでお願いすることにしました。

1本目:ストローハット
2本目:ヤス
3本目:アグス
4本目:アグス(浮遊系ナイト)

DSC_7048.jpg
1本目ストローハットは、タイニーダートゴビーにうまく寄れず、惨敗。。。
個体が小さいので、いまの視力ではかなり寄らないとヒレが開いてるのか閉じてるのか、よく判らん。。。
その代り、イエローライナーズシュリンプゴビーさんがいいタイミングで飛んでくれました。
いつもツアー初日の成果がいまいちな私ですが、今日はなかなか幸先いいかも。。。

DSC_7056.jpg
浅場に戻り、遊んでもらったアポゴンさん。
アポゴンメルヘン、果たして成り立つかなぁ?

DSC_7071.jpg
大好きなタルボッツのチビちゃんをケヤリ抜きで。。。
なかなかケヤリの方に寄ってくれず、ずいぶん長いことシャターチャンスを待ちました。

DSC_7084.jpg
拓ちゃんに教えてもらったストライプヘッドドワーフゴビーさんをセルフライティングで。。。
INON LF800-Nは集光レンズのおかげでビーム性が強くて光量があるのはいいけど、そのぶん魚に与えるプレッシャーは大きくて、けっこう逃げられます。
この時も逃げるこの子を追いかけ回しているうちに、かなり砂を巻き上げてしまいました。。。

2本目は近くのポイント「ヤス」へ。
前回刺さったマスカットのようにきれいなバブルコーラルのところに行ってみたが、今回はハゼがついていなくて残念。。。
確かここは昨年もんもんさんがウンバチに刺されたポイントだなぁ。
と思って注意して見るとけっこうあるある、確かにウンバチ多いな、ここ。

DSC_7089_2016022712255292b.jpg
小さなトサカとバブルコーラルが隣り合ってるところにハゼがいたので、セルフでライティングをセット。
後ろからトサカとバブルコーラルを照らしているのがRGBlueで、ハゼを照らしているのがLF800-Nです。

DSC_7092.jpg
ライティングを変えてもう一枚。。。
上の写真と選択に迷ったので、とりあえず2枚とも貼っておきます。
皆さんはどちらがお好みでしょうか。。。

DSC_7132.jpg
浅場に戻り、ちょっと居心地悪そうなダンゴオコゼさん。。。

3本目はお馴染みのアグス。
流れの影響を受けにくいので3本目によく使われるポイントですが、例の迷路のような綺麗なサンゴは崩壊してしまったらしい。。。

DSC_7146.jpg
チョウチョウはやはりテッパンのメルヘンネタ。。。
個人的にオオシライトゴカイを背景にしてぼかす写真があまり好きではなくて、この時もできるだけチョウチョウとゴカイを等距離に近いところまでもっていくため、無理な体勢をがまんして何枚もシャッターを切りました。
忍耐強くサポートしてくれた拓ちゃん有難う、お蔭で本日お気に入りの一枚になりました。

さて、毎回訪れるたびに新しい趣向で楽しませてくれるアクエリアス、今回の新趣向は浮遊系の本場山口県のショップLove&Blueさんのノウハウをお借りしての浮遊系ナイト。
いつもはヒカリキンメの後でついでのように浮遊系を探す程度だったからね。今回のように始めからガッツリ浮遊系を狙いに行くダイビングは初めてです。
レンズを60mmに切替え、Love&Blueの小川さんのアドバイスでライトとストロボをセットしてエントリー。

小川さん持参のめちゃめちゃ明るいライトを中心に、私のRGBlueも参加して準備完了。
しかし小川さんのライト明るいなぁ、直視すると目が潰れるわ。果たしてLEDライトの進化はどこまで行くのでしょうね。

小川さんのヘラクレスオオカブトムシみたいな浮遊系セッティングは一見の価値があります。完璧な中性浮力と被写体との距離勘もあいまって、熟練の撮影スタイルはさすがの一言。よい勉強をさせて頂きました。
私も最初はヘラクレス式にトライしてみたのですが、これは相当難しいわ。私の場合、被写体がいったん置きピンから外れると前後左右上下どちらに外れた判らず、いちいちファインダーから目を離して修正に行くわけですがこれがなかなかうまくいかない。ちょっとこれは一朝一夕には出来ないなぁ。

ひとまず今回はヘラクレスオオカブト式は断念、60mmの高速AFを頼りに自由な中性浮力での撮影に切替えることにしました。
自身の備忘のため、いちおう今回の撮影データを記録しておきます。
F18
SS1/320
露出補正-1.7
ISO400~800
ストロボやや開き気味のやや外向き

DSC_7180.jpg
エビ???カニ???

DSC_7212.jpg
イソギンチャク、かなぁ???

DSC_7234.jpg
アジの仲間?????
とにかく今回は初めてだったこともあり、訳も判らずアタフタしているうちに一本終了した感じでした。
後ほど4日目に再度浮遊系ナイトにトライして、その時はその時でまたまた大変なことになってしまったのですが、それはあとの話。。。

この日はコスタベラからアクセスのよいステーキハウスで夕食の後、部屋に戻ったのは23時、
それからカメラ充電してシャワー浴びてベッドに入ったらすでに午前1時。
やはりアウエリアスでのダイビングは初日から全力疾走、いつも通りハードに充実したツアーが本日からスタートです。。。

スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidediver.blog.fc2.com/tb.php/166-a0e7f4be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hide diver

Author:hide diver
訪問ありがとうございます。
マイペースダイバーhideのダイビングログと水中写真です。

ブログタイトルの"LET ME IN"はある映画のタイトルからとりましたが、内容とは関係ありません。
「魚の世界に入ってもいいですか?」という気持ちにぴったりのフレーズだったので。

撮影機材は、
NIKON/NEXUS D810,D300
INON D-2000
RGBLUE SYSTEM01
FIX LED48DX
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
TOKINA AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5
SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO HSM

課題はいっぱいですが、このブログで水中写真の楽しさが少しだけでも伝わればいいなと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR